PAPER BOOK PATENT

Paper

  1. Elastic Recovery Properties of Ultralight Carbon Nanotube/Carboxymethyl Cellulose Composites, Kazuki Matsushima, Kenta Ono, Reo Yanagi, Naoto Shioura, Takahiro Segi and Tomonaga Ueno, Materials, 14 (14), 4059 (2021).
  2. Carbon-nanotube-based ultralight materials for ultrabroadband electromagnetic wave shielding and absorption, Reo Yanagi, Takahiro Segi, Akira Ito, Tomonaga Ueno, Kishio Hidaka, Japanese Journal of Applied Physics, 60, 087003 (2021).
  3. Light-induced levitation of ultralight carbon aerogels via temperature control, Reo Yanagi, Ren Takemoto, Kenta Ono, Tomonaga Ueno, Scientific reports, 11, 1, 1-8 (2021).
  4. Image analysis of flame behavior for polyolefins and polystyrene in vertical flame test, Hosokawa Yoshifumi, Nakashima Erika, Ueno Tomonaga, Journal of Applied Polymer Science, 138, 1 (2021).
  5. Fabrication and characterization of porous silica/carbon nanotube composite insulation, Naoto Shioura, Kazuki Matsushima, Tomoki Osato, Tomonaga Ueno, Norifumi Isu, Takeshi Hashimoto, Takumi Yana, MRS Advances, 5, 33-34, 1791-1798 (2020).
  6. Pattern Formation in Heterostructured Gel by the Ferrocyanide–Iodate–Sulfite Reaction, Tomonaga Ueno, Ryo Yoshida, The Journal of Physical Chemistry A, 123, 24, 5013-5018 (2019).
  7. Mechanistic aspect based on the role of reactive oxidizing species (ROS) in macroscopic level on the glycerol photooxidation over defected and defected-free TiO2,
    Trin Jedsukontorn, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Mali Hunsom, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 367, 270-281 (2018).
  8. Narrowing band gap energy of defective black TiO2 fabricated by solution plasma process and its photocatalytic activity on glycerol transformationNarrowing band gap energy of defective black TiO2 fabricated by solution plasma process and its photocatalytic activity on glycerol transformation, Trin Jedsukontorn, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Mali Hunsom, Journal of Alloys and Compounds, 757, 188-199 (2018).
  9. Solution Plasma Process-Derived Defect-Induced Heterophase Anatase/Brookite TiO2 Nanocrystals for Enhanced Gaseous Photocatalytic Performance, Sudhagar Pitchaimuthu, Kaede Honda, Shoki Suzuki, Akane Naito, Norihiro Suzuki, Ken-ichi Katsumata, Kazuya Nakata, Naoya Ishida, Naoto Kitamura, Yasushi Idemoto, Takeshi Kondo, Makoto Yuasa, Osamu Takai, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Akira Fujishima, Chiaki Terashima, ACS omega, 3, 1, 898-905 (2018).
  10. In vitro cytotoxicity of carbon black nanoparticles synthesized from solution plasma on human lung fibroblast cells, Gasidit Panomsuwan, Chayanaphat Chokradjaroen, Ratana Rujiravanit, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Japanese Journal of Applied Physics, 57, 1, 0102BG (2017).
  11. Facile preparation of defective black TiO2 through the solution plasma process: effect of parametric changes for plasma discharge on its structural and optical properties,Trin Jedsukontorn, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Mali Hunsom,  Journal of Alloys and Compounds, 726, 567-577 (2017).
  12. New insights into vegetable oil pyrolysis by cold plasma technique, Phimpaka Meeprasertsagool, Anyarat Watthanaphanit, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Prasert Reubroycharoen, Energy Procedia,138,1153-1158  (2017).
  13. Crystallinity and surface state of cellulose in wet ball milling process , Shimpei Nemoto, Tomonaga Ueno, Anyarat Watthanaphanit, Junko Hieda, Nagahiro Saito , Journal of Applied Polymer Science , 134, 22, 1 (2017).

  14. Synthesis of Carbon Nanoparticles from Used Motor Oil and Benzene via Solution Plasma Process, Napatsawan Saengarunthong, Parinya Khongthong, Gasidit Panomsuwan, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Apiluck Eiad-Ua, Key Engineering Materials, 751, 773-778 (2017).

  15. Solution plasma synthesis of a boron–carbon–nitrogen catalyst with a controllable bond structure, SeungHyo Lee, YongKang Heo, Maria Antoaneta Bratescu, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito, Physical Chemistry Chemical Physics, 19, 23, 15264-15272 (2017).
  16. Simple introduction of carboxyl head group with alkyl spacer onto multiwalled carbon nanotubes by solution plasma process, Shimpei Nemoto, Tomonaga Ueno, Anyarat Watthanaphanit, Junko Hieda, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito, Japanese Journal of Applied Physics, 56, 9, 0936202 (2017). 
  17. ソリューションプラズマを用いて作製した酸化亜鉛ナノ粒子の粒径に及ぼすプラズマ生成パラメータの影響 , 根本心平、上野智永、Anyarat Watthanaphanit、 稗田純子、 齋藤永宏 , 表面技術 , 68巻 3号 (頁:147-152) , 2017年

  18. 逆ミセル構造を利用するソリューションプラズマ合成ナノカーボンの比表面積制御 , 森下哲典,上野智永,吉田彰仁, 稗田純子, 齋藤永宏 , 表面技術 , 68巻 3号 (頁:153-157) , 2017年

  19. Differences in intermediate structures and electronic states associated with oxygen adsorption onto Pt, Cu, and Au clusters as oxygen reduction catalysts , T Morishita, T Ueno, G Panomsuwan, J Hieda, MA Bratescu, N Saito , Journal of Physics D: Applied Physics , 49巻 41号 (頁:415305) , 2016年

  20. DFT calculation of oxygen adsorption on a core-single shell ZnNb catalyst , Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito , RSC Advances , 6巻 100号 (頁:98091-98095) , 2016年

  21. ソリューションプラズマ-スパッタ法を用いた金ナノ粒子合成速度に与える溶媒組成の影響 , 簾智仁, 上野智永, ワッタナパーニット アンヤラット, 齋藤永宏 , 表面技術 , 67巻 2号 (頁:1) , 2016年

  22. Synthesis of heteroatom-carbon nanosheets by solution plasma processing using N-methyl-2-pyrrolidone as precursor , K. Hyun, T. Ueno, O. L. Li, N. Saito , RSC Advances , 6巻 9号 (頁:6990-6996) , 2016年

  23. Heterocarbon nanosheets incorporating iron phthalocyanine for oxygen reduction reaction in both alkaline and acidic media , K. Hyun, T. Ueno, G. Panomsuwan, O. L. Li, N. Saito , Physical Chemistry Chemical Physics , 18巻 16号 (頁:10856-10863) , 2016年

     

  24. Fastest Formation Routes of Nanocarbons in Solution Plasma Processes , Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Akihito Yoshida, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito , Scientific Reports , 6巻 (頁:36880) , 2016年

     

  25. Synthesis of nitrogen-containing carbon by solution plasma in aniline with high-repetition frequency discharges , K Hyun, T Ueno, N Saito , Japanese Journal of Applied Physics , 55巻 1S号 (頁:01AE18) , 2015年
  26. Verification of Radicals Formation in Ethanol Water Mixture Based Solution Plasma and Their Relation to the Rate of Reaction , T Sudare, T Ueno, A Watthanaphanit, N Saito , The Journal of Physical Chemistry A , 119巻 48号 (頁:11668-11673) , 2015年

  27. The Effect of Electrode Gap Distance on the Synthesis of Carbon Materials by Using Solution Plasma Process , H Lee, T Ueno, N Saito , JOM , 67巻 11号 (頁:2550-2556) , 2015年

  28. ナフタレンおよびアントラセンの微量添加による ソリューションプラズマ合成カーボン材料の導電性向上 , リ フンソン, 上野智永, 齋藤永宏 , 表面技術 , 9巻 (頁:0) , 2015年

     

  29. Accelerated nanoparticles synthesis in alcohol water mixture based solution plasma , T Sudare, T Ueno, A Watthanaphanit, N Saito , Physical Chemistry Chemical Physics , 17巻 45号 (頁:30255-30259) , 2015年

  30. Synthesis of mono-dispersed nanofluids using solution plasma , YK Heo, MA Bratescu, T Ueno, N Saito , Journal of Applied Physics , 116巻 2号 (頁:024302) , 2014年

  31. Pyrolysis and Combustion of Polystyrene and Polypropylene with Different Molecular Weights , E Nakashima, T Ueno, R Ichino, K Takeda , KOBUNSHI RONBUNSHU , 71巻 4号 (頁:159-168) , 2014年

  32. Autonomous viscosity oscillation via metallo-supramolecular terpyridine chemistry of branched poly (ethylene glycol) driven by the Belousov-Zhabotinsky reaction , T Ueki, Y Takasaki, K Bundo, T Ueno, T Sakai, Y Akagi, R Yoshida , Soft matter , 10巻 9号 (頁:1349-1355) , 2014年

  33. Solution plasma exfoliation of graphene flakes from graphite electrodes , H Lee, MA Bratescu, T Ueno, N Saito , RSC Advances , 4巻 93号 (頁:51758-51765) , 2014年

  34. ソリューションプラズマ分子技術 (特集 表面・界面のメゾスコピックサイエンス) , 上野 智永, 齋藤 永宏 , 材料の科学と工学 : 日本材料科学会誌 , 51巻 4号 (頁:142-145) , 2014年

     

  35. Solution Plasma Sputtering Processes for the Synthesis of PtAu/C Catalysts for Li-Air Batteries , Terashima Chiaki, Iwai Yujiro, Cho Sung-Pyo, Ueno Tomonaga, Zettsu Nobuyuki, Saito Nagahiro, Takai Osamu , INTERNATIONAL JOURNAL OF ELECTROCHEMICAL SCIENCE , 8巻 4号 (頁:5407-5420) , 2013年

  36. ソリューションプラズマによるナノ粒子合成(ヘッドライン:プラズマの新展開-大気圧・液中プラズマ-) , 上野 智永, 齋藤 永宏 , 化学と教育 , 60巻 9号 (頁:376-379) , 2012年

     

  37. ポリエチレンの熱分解と分子量変化が及ぼす燃焼性 , 中島 江梨香, 伊藤 雅俊, 上野 智永, 市野 良一, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 69巻 11号 (頁:631-638) , 2012年

  38. Effect of Molecular Weight of Polyethylene on Its Flammability , Nakashima Erika, Ueno Tomonaga, Yukumoto Masao, Takeda Kunihiko , JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE , 122巻 1号 (頁:436-443) , 2011年

     

  39. Effect of Gel Network on Pattern Formation in the Ferrocyanide-Iodate-Sulfite Reaction , T. Ueno, R. Yoshida , The Journal of Physical Chemistry A , 115巻 (頁:5231-5237) , 2011年

  40. 触媒による加熱過程における高分子構造制御 , 中島 江梨香, 上野 智永, 行本 正雄, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 68巻 7号 (頁:464-472) , 2011年

  41. Autonomous Viscosity Oscillation by Reversible Complex Formation of Terpyridine-terminated Poly(ethylene glycol) in the BZ reaction , T. Ueno, K. Bundo, Y. Akagi, T. Sakai, R. Yoshida , Soft matter , 6巻 (頁:6072-6074) , 2010年

  42. Quantitative Analysis of Random Scission and Chain-end Scission in the Thermal Degradation of Polyethylene , T. Ueno, E. Nakashima, K. Takeda , Polymer Degradation and Stability , 95巻 (頁:1862-1869) , 2010年

  43. ゲルの新規バイオミメティック材料としての展開 , 上野智永, 桶葭興資, 吉田 亮 , 機能材料 , 30巻 12号 (頁:56-60) , 2010年

  44. ポリウレタンを中心とした燃焼生成ガスと安全性 , 宮原康弘, 渡邉佑典, 上野智永, 水野孝志郎, 石川朝之, 武田邦彦 , 材料 , 58巻 9号 (頁:747-752) , 2009年

  45. ポリエチレンの燃焼に及ぼす分解生成物と分子量の影響 , 中島江梨香, 上野智永, 行本正雄, 武田邦彦 , 材料 , 58巻 1号 (頁:35-40) , 2009年

  46. 分子量の違いによるエポキシ樹脂の燃焼性と熱分解 , 石川朝之, 宮原康弘, 渡邉佑典, 上野智永, 水野孝志郎, 武田邦彦 , 材料 , 58巻 3号 (頁:251-256) , 2009年

  47. ABSおよびPC/ABSの難燃性 , 水野孝志郎, 渡邉佑典, 上野智永, 山下武彦, 石川朝之. 武田邦彦 , マテリアルライフ学会誌 , 20巻 1号 (頁:27-35) , 2008年

  48. Flame Retardancy of Polybutylene terephthalate Blended with Various Oxides , T. Ishikawa, T. Ueno, Y. Watanabe, K. Mizuno, K. Takeda , Journal of Applied Polymer Science , 109巻 (頁:910-917) , 2008年

  49. パラフィンおよびポリエチレンの燃焼に及ぼす分子量の影響 , 水野 孝志郎, 山下 武彦, 渡邉 佑典, 上野 智永, 石川 朝之, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 65巻 2号 (頁:171-177) , 2008年

     

  50. ポリウレタンの燃焼性と熱分解 , 石川朝之, 宮原康弘, 渡邉佑典, 上野智永, 水野孝志郎, 武田邦彦 , マテリアルライフ学会誌 , 20巻 2号 (頁:82-89) , 2008年

  51. ポリオレフィンおよびポリスチレンの燃焼炎の位置と熱分解生成物 , 水野孝志郎, 山下武彦, 渡邉佑典, 上野智永, 石川朝之, 武田邦彦 , 高分子論文集 , 65巻 2号 (頁:164-170) , 2008年

  52. 金属酸化物触媒を用いた PLA の燃焼抑制 , 山下 武彦, 水野 孝志郎, 上野 智永, 石川 朝之, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 65巻 4号 (頁:288-294) , 2008年

     

  53. Thermal degradation and flame retardancy of polynorbornene by a zeolite , MIZUNO Kohshiroh, UENO Tomonaga, HIRATA Akihiro, ISHIKAWA Tomoyuki, TAKEDA Kunihiko , Polym Degradation Stab , 92巻 12号 (頁:2257-2263) , 2007年

     

  54. Contribution of Shape on Ignition of Polymeric Materials , ENDOH Kotaroh, MIZUNO Kohshiroh, UENO Tomonaga, ISHIKAWA Tomoyuki, YUKUMOTO Masao, TAKEDA Kunihiko , J Appl Polym Sci , 105巻 4号 (頁:1930-1936) , 2007年

     

  55. PPE/HIPSアロイとの比較におけるPC/ABSアロイの熱分解 , 上野 智永, 東尾 悠司, 石川 朝之, 武田邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 9号 (頁:553-560) , 2007年

  56. ポリエステルの熱による主鎖開裂 , 上野 智永, 梶屋 貴史, 石川 朝之, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 9号 (頁:578-582) , 2007年

  57. ポリエチレンナフタレートの熱分解の分解生成物および残渣 , 上野 智永, 水野 孝志郎, 木下 英司, 石川 朝之, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 9号 (頁:583-589) , 2007年

  58. 微量な超強酸塩が添加されたポリカーボネートの熱分解と燃焼挙動 , 梶屋貴史, 上野智永, 水野孝志郎, 石川朝之, 武田邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 2号 (頁:102-107) , 2007年

  59. 微量の銅を含むポリアミドの耐熱性と化学構造 , 新井 剛, 上野 智永, 梶屋 貴史, 石川 朝之, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 6号 (頁:380-386) , 2007年

  60. 新しい測定方法を用いた高分子材料の燃焼性の評価 , 水越 俊翼, 中島 貴裕, 上野 智永, 梶屋 貴史, 水野 孝志郎, 石川 朝之, 近藤 俊一, 武田 邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 11号 (頁:765-771) , 2007年

  61. 非相溶性アロイであるポリカーボネート/ポリ乳酸の燃焼挙動とケージ効果 , 伊賀 研次郎, 上野 智永, 水野 孝志郎, 石川 朝之,武田 邦彦 , 高分子論文集 , 64巻 6号 (頁:380-386) , 2007年

  62. モデル物質を用いたポリカーボネートの熱分解生成物の定量的解析 , 上野智永,後藤宏太, 石川朝之, 武田邦彦 , 高分子論文集 , 63巻 12号 (頁:791-798) , 2006年

  63. 高分子による環境汚染の予防的研究-高分子分解生成物の環境に対する毒性 , 遠藤小太郎, 上野智永, 大川朋寛, 行本正雄, 武田邦彦 , 高分子論文集 , 63巻 6号 (頁:368-382) , 2006年

Book

  1. Micro-Nano Mechatronics (Chapter 6 Synthesis of Nanomaterials by Solution Plasma Processing) , INTECH , O. Takai, M. A. Bratescu, T. Ueno, N. Saito , 2013年
  2. 薄膜の評価技術ハンドブック(第6章3節 電池電極特性) , テクノシステム , 上野智永,齋藤永宏 , 2013年
  3. 低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命(分担執筆) 3章 物理化学処理 , コロナ社 , 上野智永,齋藤永宏 , 2013年
  4. 太陽エネルギー社会を築く材料テクノロジー(II) , コロナ社 , 上野智永,齋藤永宏 , 2013年
  5. 大気圧プラズマの技術とプロセス開発 (新しい材料合成反応場としてのソリューションプラズマ:分担執筆) , シーエムシー出版 , 上野智永, 稗田純子, 是津信行, 齋藤永宏 , 2011年
  6. 次世代バイオミメティクス研究の最前線-生物多様性に学ぶ- (ゲルの新規バイオミメティック材料としての展開: 分担執筆) , シーエムシー出版 , 上野智永, 桶葭興資, 吉田亮 , 2011年
  7. 電子/電気製品の発火・不良原因の究明技術と安全対策 (実装材料の劣化の基礎と緩和技術:分担執筆) , 技術情報協会 , 上野智永, 武田邦彦 , 2009年

Patent

  1. 特許 , ナノコンポジットフィルム及びナノコンポジットフィルムの製造方法 , 大野学, 村上 憲二郎, 上野 智永, 齋藤 永宏 , 出願番号( 2015-235233 , 2015年12月) , 株式会社サムスン日本研究所,国立大学法人名古屋大学 , 日本国
  2. 特許 , 導電性グラファイトの製造方法及び導電性グラファイト , 丸山 公幸,荒巻 政昭,齋藤 永宏,上野 智永 , 出願番号( 2014-239994 , 2014年11月) , 日本国
  3. 特許 , ポリマーの加工方法及びポリマー , 棚橋 一成、棚橋 一将、齋藤 永宏、上野 智永、ワッタナパーニット アンヤラット , 出願番号( 2013-064414 , 2013年03月) , 日本国
  4. 特許 , 液中プラズマ用電極および液中プラズマ発生装置 , 齋藤 永宏、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2013-039731 , 2013年02月) , 日本国
  5. 特許 , グラフェンの製造方法 , 齋藤 永宏、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2013-026102 , 2013年02月) , 日本国
  6. 特許 , ナノ流体の低温製造方法 , 齋藤 永宏、上野 智永、許 容康, 高井 治 , 出願番号( 2013-026101 , 2013年02月) , 日本国
  7. 特許 , 超撥水性材料の製造方法および超撥水性材料 , 齋藤 永宏、上野 智永、高橋 英昭, 高井 治 , 出願番号( 2013-026100 , 2013年02月) , 日本国
  8. 特許 , 金属ナノ粒子の製造方法 , 齋藤 永宏、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2013-026103 , 2013年02月) , 日本国
  9. 特許 , DLC膜のプラズマ処理方法およびその利用 , 齋藤 永宏、寺島 千晶, 上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2013-015991 , 2013年01月) , 日本国
  10. 特許 , アルギン酸の分解方法とアルギンさんおよび/またはその誘導体からなる組成物 , 齋藤 永宏、是津 信行、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2012-186765 , 2012年11月) , 日本国
  11. 特許 , カーボン系触媒の死蔵方法 , 齋藤 永宏、ポヌファオン ポタワン、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2012-252066 , 2012年11月) , 日本国
  12. 特許 , ナノ流体の製造方法 , 齋藤 永宏、上野 智永、高井 治, 許 容康 , 出願番号( 2012-252036 , 2012年11月) , 日本国
  13. 特許 , 合金ナノ粒子の製造方法 , 齋藤 永宏、ブラテスク マリア,ポヌファオン ポタワン、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2012-252031 , 2012年11月) , 日本国
  14. 特許 , 貴金属担持光触媒粒子の製造方法 , 齋藤 永宏、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2012-251379 , 2012年11月) , 日本国
  15. 特許 , 金属粒子担持メソポ-ラシリカの製造方法 , 齋藤 永宏、是津 信行、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2012-186766 , 2012年08月) , 日本国
  16. 特許 , 金属ナノクスラスター担持カーボン多孔体 , 齋藤 永宏、是津 信行、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2012-099104 , 2012年04月) , 日本国
  17. 特許 , カーボン多孔体及びその製造方法 , 齋藤永宏, 是津信行, 上野智永, 高井治 , 出願番号( 2012-85672 , 2012年04月) , 国立大学法人名古屋大学 , 日本国
  18. 特許 , 表面修飾炭素材の製造方法 , 齋藤 永宏、上野 智永、高井 治 , 出願番号( 2013-015994 , 2012年01月) , 日本国
  19. 特許 , 修飾カーボンナノフィラーの製造方法 , 齋藤 永宏、是津 信行、上野 智永、田辺 郁 , 出願番号( 2012-007848 , 2012年01月) , 日本国